ママは毎日お疲れモード

ママは毎日お疲れモード

わんぱくガール育児で疲弊するママのぼやき

【妊娠後期】ベビー用品ハンドメイド

ハンドメイドでベビー用品作ってみた。意外と素人でもできるから、興味ある人はぜひ。

 

スタイ

すべてリバーシブルで芯地に古着の綿100%Tシャツを挟んで作成。

ダブルガーゼ生地もプラスナップも余りそうだったので、クラフトホリックの型紙を元に増産したった。

クラフトホリック以外は表裏共にダブルガーゼ生地でふわふわ。赤ちゃんのお肌にも優しそう。

 

クラフトホリック

f:id:tamorieeeen:20170727142432j:plain

たまごクラブだったかひよこクラブだったかの付録。

説明書付きなんだけど、見ると手順が結構面倒くさかったから面倒な工程は省略して作った。

 

まず裁断して中表にした後、仕上がり線を書く。仕上がり線なんてなくても大体の場所を縫えば大丈夫っしょ、ってことで省略。

マジックテープは最後に縫い付けることになってるんですが、最後だと裏に貫通しないように縫うの難しくね?と思ったので、先に縫っちゃった。

でもこのマジックテープが縫いづらいことこの上ない。手縫いでまつり縫いしたけど、超絶面倒だった。

 

周囲は手縫いで返し縫いで縫うことになってるんですが、手縫いとか超絶面倒くさいのでミシンでだーっと。ミシン最高!

もちろん最後の返し口を閉じるのもミシンでだーっと。もはや説明書を色々無視し過ぎて説明書の意味がない(笑)

 

で、このスタイは残念なことに生地がものすごいペラッペラ。まぁ付録だから仕方ないけど。

なので厚みを出すために、旦那の古着の綿100%白Tシャツを芯地として中に挟んだ。そしたら少し厚みが出て、よだれの吸収率も良さそう。

 

個人的には初めてにしては上手く作れた方かな~と思うので満足。

 

うさぎとかえるのカラフルドロップ

f:id:tamorieeeen:20170727143847j:plain

表裏共に柄ものだからうるさい感じがするけど、好きな柄が詰め込まれてるからこれが1番気に入ってる。

 

ねことシンプルドット

f:id:tamorieeeen:20170727144220j:plain

表はカラフルなねこさん柄だから、裏はシンプルに白地にピンクの水玉に。

 

カラフルうさぎとピンクドット

f:id:tamorieeeen:20170727144411j:plain

表は1番お気に入りのカラフルなうさぎさん柄だから、裏はシンプルなピンクに白の水玉に。

 

抱っこ紐のよだれカバー

私の抱っこ紐はアップリカのコランハグ。よだれカバーはデフォルトで付いてたから、それを元に作成。多分エルゴよりちょっと小さめだと思う。

全部リバーシブルで、表裏共にダブルガーゼ生地を使い、留め具はプラスナップを使用。

 

うさぎとギンガムチェック

f:id:tamorieeeen:20170727144851j:plain

1番お気に入りのうさぎちゃん柄とピンクのギンガムチェック

芯地は綿100%の古着シャツを挟んでみたけど、既製品と比べると少し薄め。ハンドメイドスタイと同じ感じだからよだれは吸収してくれそう。

 

かえるのカラフルドロップとピンクドット

f:id:tamorieeeen:20170727145601j:plain

カエルさんのカラフルドロップ柄とピンクに白の水玉柄。

こっちは芯地にタオルを使ったからかなり分厚い。おかげで縫いにくかった。

厚さ的に9mmのプラスナップは厳しいと思って13mmのプラスナップを使用した。

 

作ってみて思ったけど、抱っこ紐よだれカバーは13mmのプラスナップの方が付け外ししやすい気がする。

 

マルチクリップ

マルチクリップの存在を知ったのは、ベビー用品のハンドメイド品を漁ってたとき。

タオルを挟めばスタイ代わりにもなるし、ブランケットとか挟んで授乳ケープ代わりにも使えるし、ベビーカーにおもちゃも固定できるし、まさしくマルチなクリップ。

ただスタイや抱っこ紐のよだれカバーと比べてちょっと難易度が高い…

 

ちなみにこちらのサイトを参考に作りました。

ginghamtic.com

 

シンプルな水玉模様

f:id:tamorieeeen:20170727150307j:plain

まずは試作品。長さが調節できた方が便利だと思って、エイトカンを使って長さ調節可能なように。

赤ちゃんが使うことを考えて、フィッシュクリップも移動カンもプラスチック製をセレクト。

 

プラスチック製のフィッシュクリップはすぐに見つかったんだけど、移動カンはなかなか見つからず…

と言うかあるんだけど、幅が20mmでプラスチック製だともっとごつい感じのしかない。鞄とかに使う感じのあれ。

というわけで、20mmは諦めて15mmのエイトカンを使用。エイトカンは移動カンと同じような感じで使えるはず。

 

柄ありの生地

f:id:tamorieeeen:20170727150618j:plain

幅が15mmしかないので柄がほとんどわかんないという残念さ。一応左がねこで、右がうさぎ。

 

幅が細いせいで、そもそもアイロンかけにくいし、縫いにくかった。

そしてエイトカンに対して生地が厚いせいか、エイトカンを縫い付ける位置をギリギリでつけないと長さ調節しにくいんだけど、ギリギリに縫い付けるのが難しかった。

出来栄えは微妙だけど、素人のハンドメイドだし、こんなもんだよね。使えないことはないから良しとしよう。

広告を非表示にする