ママは毎日お疲れモード

ママは毎日お疲れモード

わんぱくガール育児で疲弊するママのぼやき

【断乳レポ】あっさり断乳成功

娘、11m14dとなる11/3(木)に断乳しました。

私は断乳について他の人のブログとか読み漁ったから、もし他の人の役に立てば。

過剰分泌型おっぱい

私のおっぱいは完全なる分泌過剰型。

多分乳腺が細くて詰まると言うより、吸われる量に対して分泌し過ぎて詰まるタイプ。

それゆえ、授乳回数を1回減らすのは至難の技。

よく「授乳回数は◯〜◯回」って、その日によって回数が1〜2回増減する人がいるけど、私にはそれは無理。

1回でも増やそうもんならさらに分泌が促進され、翌日も同じ回数授乳しなきゃ張っちゃうし、逆にいきなり1回でも減らそうもんなら溜まって張っちゃうし、ものすごく融通が利かないおっぱい。

 

そのため、トラブルがなくても月イチの桶谷式母乳育児相談室は必須。詰まりを取ってもらい、古い母乳は絞り出してもらってた。

ちなみにトラブルが発生したら連続で通ったり、2週間に1回行ったり、軽くミルク代ぐらいは飛んでると思う。

 

ちなみに娘はお腹が満たされれば別にパイじゃなくても良いらしく、あまりパイに執着のない子。

そんな私と娘の断乳に至るまでの記録。

 

桶谷式断乳

私が通っている桶谷式の断乳では、別に授乳回数を減らしてから断乳する必要はなく、いきなりやめて良いことになってる。

だけど、なんせ分泌過剰型だから一気にやめるのが怖くて、授乳回数を徐々に減らしてから断乳する作戦を取ることにした私。

 

1日4回授乳からのスタート

娘が8ヶ月に入った1週間後から、4回授乳だった私たち。

①朝イチのパイ

朝の離乳食

②お昼ごはんのパイ

③おやつのパイ

夕方の離乳食

④ねんね前のパイ

 

離乳食を3回食へ

娘が9ヶ月になる1週間前に離乳食を3回食に進めて、②のパイをお昼の離乳食後に変更。

そしたらごはんを食べた分だけ吸う量が減ったせいか、私のパイは数日で張ってしまってイエローカード

このままでは乳腺炎真っしぐらだと判断した私は②のパイを午前中に変更。

やっぱり食後じゃないせいか、私のパイはまた通常営業に戻ってセーフ。

 

と言うわけで、このような4回授乳に。

①朝イチのパイ

朝の離乳食

②午前中のパイ

お昼の離乳食

③おやつのパイ

夕方の離乳食

④ねんね前のパイ

 

1日3回授乳へ

授乳回数を減らすとしたら、②のパイが減らしやすいと思ったから離乳食の量を徐々に増やして、まずはそもそも吸う量が徐々に減るようにした。

すると②のパイは吸ってる時間が短くなってきたから、娘が10ヶ月になる約1週間前に②のパイをやめ、授乳回数を3回に減らした。

ちなみに減らした後数日は落ち着くまで自分で少し絞ってた。

 

と言うわけで、このような3回授乳に。

①朝イチのパイ

朝の離乳食

お昼の離乳食

②おやつのパイ

夕方の離乳食

③ねんね前のパイ

 

とりあえずこれでパイが落ち着くまで3回授乳を続けて、問題はここから。

パイの間隔的には、次は減らすとしたら②のおやつタイム。

でもパイをやめちゃったら、さすがに夕食まで娘のお腹が持たない。

かと言って、以前ミルクを足したら一瞬で詰まったので怖くてミルクを足せない。

かと言って、定常的におやつをあげるのも娘の胃腸の負担を考えるとちょっと…とか言ってるうちに、もうすぐ娘も11ヶ月に。

やっと私のパイも落ち着いてきたし、11ヶ月なら定常的におやつでも良いかな、と思ったので、思いきって2回授乳にすることに。

 

\ おやつ美味しいです~! /

f:id:tamorieeeen:20170826140127j:plain

断乳日が決定

というわけで、3回授乳を続けて1か月。

桶谷で絞ってもらった日に2回にして、その後も数日間は自分で絞って、無事に授乳回数は2回に減った。

いよいよ断乳日も決まり、断乳カウントダウン。

tamorieeeen.hatenablog.jp

 

1日2回授乳でラストスパート

授乳回数が無事に2回になった私たち。

①朝イチのパイ

朝の離乳食

お昼の離乳食

おやつ

夕方の離乳食

②ねんね前のパイ

 

でも2回になったことで昼間は12〜13時間空くせいでパイは張りがちに。

パイの張り具合的に、2回から断乳したら3日間耐えれない…!と思ったので、断乳前までに授乳回数を1回にすることを決意。

 

10/28(11m8d)*ついに授乳回数1回へ

そして2回授乳を続けて2週間、断乳1週間前。

私の通ってる桶谷式では、断乳1週間前と前日に絞りに行くことになってて、この日は桶谷に行って絞ってもらえるので、朝イチのパイをやめてみることに。

 

娘にはパイの代わりに麦茶をあげて、いつもより早めに離乳食。

離乳食の準備中にちょっとグズったけど、パイがもらえないからじゃなくて、腹減りだったみたいで、もはや別にパイじゃなくても良いらしい。

 

桶谷は13:30〜だったんだけど、それまで絞らずに耐えれそうだったので自分では絞らずに行った。

たっぷり絞ってもらって、この日から授乳回数はねんね前の1回に。

ただやっぱり私のパイは夜まで持ちそうにないので、小ねこがお昼寝してる間に絞ることに。

 

母乳分泌抑制にペパーミントティー

そしてこの頃から母乳分泌の抑制に効果があるらしいペパーミントのハーブティーを飲むことに。

チョコミントアイスが好きな人は好きかもしれないけど、私は嫌いなので美味しくない。

でも詰まるよりはマシ!と思ってりんごジュースで割ってみたりGFジュースで割ってみたり、色々工夫して毎日飲んだ。

そしてついに、飲みやすくなる方法を発見!

「ハニーレモンジーナで割る」

色々試したけど、私にはこれが1番飲みやすかった。

 

11/2(11m13d)*断乳前日

この日も断乳前日の桶谷へ。

ペパーミントの効果か、この頃には自分で絞らなくても耐えれる感じになってた。

そして授乳回数がねんね前の1回になったことを伝えると「じゃぁ今日の夜が最終授乳ね」と。

いよいよか。

 

ねんね前に娘に「これが最後のおっぱいだからね。たっぷり飲んでね」って言って授乳したけど、余韻もクソもなく、あっさり終了。

えっ、最後だよ?もういいの?ってぐらいあっさり自分で口からパイを外して終わった。

 

\ パイ?お腹満たされないし、もういいや! /

f:id:tamorieeeen:20170826141111j:plain

パイに執着がないのはありがたいけど、もうちょっと余韻とか楽しんでくれても良いのに…

 

11/3(11m14d)*断乳初日

この日からついに断乳

授乳回数2回から断乳することになると思ってたので、パイが張って痛くて抱っこ出来ないと困ると思って、旦那が休みの祝日に当てたんだけど、既にねんね前の1回のみなので、日中の生活は特に変わらず。

 

母乳分泌抑制にセージティーも追加

母乳分泌抑制に効果があると言うペパーミントティーを飲み、この日からはさらに効果が強い言われているセージティーも追加。

これが激マズ。とてもじゃないけど、単体じゃ飲めない。

でもパイが痛くなるよりは、と思って色んなジュースと割って、とにかく飲みやすい方法を模索。

個人的にはグレープフルーツジュースで割るのが1番いける。

しかもピンクグレープフルーツじゃなくて、イエローの方が飲みやすい。

 

順調な滑り出し

セージティーを頑張って飲んだおかげなのか、結局この日はパイが張ることもなく終了。

ただ右を下にして潰して寝てたせいか、朝起きたときに早速右の外側が痛かったので冷えピタで冷やしたぐらい。

 

肝心の娘は、パイをもらってないのに寝かし付けられて最初は睡眠拒否。

ちょっとグズったけど、パイの出ないパパしかいなくて諦めたのか、途中から寝る気になった模様。

ちなみに私がいたらパイが欲しくなると思って私は退出。

寝る気になってからは割とスムーズに入眠してトータル40〜50分ぐらいかかったけど、思ったよりはスムーズだった。

 

11/4(11m15d)*断乳2日目

ありがたいことに、この日も旦那は休み。

平日だけど休日に挟まれてるから出社するのめんどくさいし、パイが張って痛くて抱っこ出来ないと困るからって休みを取ってくれた。

この日も娘は日中は通常営業。

 

私は引き続きペパーミントとセージティーをせっせと摂取。それぞれ1日1杯ずつ。

しかしお昼ぐらいからついに私のパイの雲行きが怪しくなってきて、ガチガチってほどじゃないけど張ってきて、なんとなくチクチク痛む。

でもこの日さえ耐えれば翌日桶谷で絞ってもらえる…!と言うわけで冷えピタで冷やして様子見。

 

この日も寝かし付けはパパが担当。

お昼寝が足りなかったせいか、麦茶を飲んでさっさと就寝。

なんと、寝かし付け時間5分。今までで最短記録。超イージーモード。

 

それにしても、パイへの未練なさすぎません?と、ちょっぴり寂しいママでした。