ママは毎日お疲れモード

ママは毎日お疲れモード

わんぱくガール育児で疲弊するママのぼやき

左乳腺腫瘤の疑いで精密検査受けた

2017年1月末に受けた健康診断で左乳腺腫瘤の疑いあり、の結果をもらった私。

近くのウィメンズクリニックの乳腺外来で精密検査を受けることに。

しこりは授乳期からあった

左胸のしこりは前からあって、桶谷で指摘されて気付いたのが始まり。

tamorieeeen.hatenablog.jp

 

もしかしたら妊娠出産前からあって気付かなかっただけかもしれないし、授乳し始めてからできたのかもしれない。

とにかく自分では全然気付かなくて、桶谷の先生に指摘されて初めて気付いた。 

 

その後もずーっと桶谷に通って絞ってもらってたけど、このしこりだけは取れなくて、母乳が溜まってるわけじゃない感じだった。

だから桶谷の先生からは「授乳が終わったら乳腺科行って診てもらってね」って言われてた。

断乳して健康診断へ

2016年11月3日に断乳して、しばらく母乳の出が落ち着くまでは桶谷に通ってた。

tamorieeeen.hatenablog.jp

 

ちょうど通う頻度が減ってきた2017年1月30日に健康診断があって、そこで乳房の超音波検査があったから、まずはそこで診てもらうことに。

健康診断の結果

ちょうどその時期引っ越しでバタバタしてて、健診結果は2~3週間で届くはずなのに、1か月以上経っても届かなかったのに気付かず。

tamorieeeen.hatenablog.jp

 

2か月近く経って、「そういや結果届かないな…」と思って問い合わせたら、新しい住所に昔のマンション名が残ってて、宛先不明で戻ってきてたらしい。

昔のマンション名を削除してもらって、新しい住所に再送してもらって、無事に健診結果をGET。

 

すると「左乳腺腫瘤の疑い」の文字があり、「(乳房検査)異常がみられましたので婦人科を受診してください」との表記が。

 

腫瘤とは?

”腫瘤”という文字を見てビックリしたけど、「腫瘍じゃないのか、腫瘤って何だろう?」と思って調べてみた。

腫瘤とは、何か正体が分からないしこり(塊状のもの)が触診や画像の検査であった時にとりあえず使われる言葉です。
したがって腫瘤の正体を改めて画僧の検査などで確認して、良性の腫瘍なのか、悪性の腫瘍なのか(がんなのか、あるいは正常の乳腺がしこりの様に触れているだけなのか、乳腺に液体が貯まった袋(乳腺のう胞)なのか)が、はっきり分かるというものです。

www.pinkribbon-breastcare.com

www.pinkribbon-breastcare.com

 

腫瘤って文字にちょっとドキドキしたけど、しこりがあるのはわかってたし、とりあえず近くの乳腺科併設の婦人科を受診することに。

乳腺科受診

2017年4月19日、健康診断の乳房超音波検査で「左乳腺腫瘤の疑い」の結果が出たことを告げ、初めて乳腺科を受診することに。

その結果、マンモグラフィー、超音波検査、細胞診検査のフルコースを受けることに。

 

マンモグラフィー

まずはマンモグラフィーの検査をすることに。

ものすごい痛いって噂を聞いてたからドキドキしたけど、耐えられない痛みじゃないし、陣痛を経験して1年そこそこの私には、こんなの痛いうちに入らない、ぐらいの感じだった。

それよりもきれいに映すために胸を挟んだ状態で体勢をキープする方が辛かった。

 

超音波検査

少しして診察室に呼ばれ、「しこりにはいつ気付いたのか」などの簡単な問診をされて、早速超音波検査を実施。

胸全体をチェックした後、ものすごく念入りに左のしこりの部分を診る先生。

エコー上では特に悪性のような感じも無いけど、一応細胞診検査をしましょう、ってことになった。

 

細胞診検査

もちろん初めての検査だからドキドキ。

特に注射の類が苦手な私にとって、細胞診をしなきゃいけない事実よりも、針が登場することの方がドキドキだった。

jbcs.gr.jp

 

私が受けたのは、正確に言うと穿刺(せんし)吸引細胞診ってやつみたい。

局所麻酔はいらないみたいだけど、私の場合は局所麻酔してやってくれた。

片手にエコーを持って、エコー画像を見ながら針を刺すんだけど、しこりが動いてなかなかうまく刺さらなかった。

だから結構針が刺さった状態でしこりを追ってたけど、局所麻酔したせいか、ほとんど痛みはない。

最終的にはエコーを置いて、片手でしこりを押さえながら針を刺す感じだった。

 

そして取れたものは細胞でもなく、母乳でもなく、何らかの液体だったそう。

細胞診の結果が出てみないと何とも言えないけど、正確に取れなかった可能性もある、って言われた。

結果が出るのは1週間後、とのことで、この日は次の予約を取って帰宅することに。

 

細胞診の結果

1週間後、細胞診の結果を聞きに乳腺科へ。

結果としては異常なしで経過観察、とのこと。

ただ、大きさの変化などを見るために、3か月後にまた超音波検査を実施することに。

 

ちなみに細胞診検査報告書の所見にはこう書いてあった。

背景に裸核状間質細胞や泡沫細胞を伴い、筋上皮細胞との二相性の保たれた導管上皮細胞が認められます。1・2はいずれも同様の所見です。

■Class:Ⅱ 陰性 

 

正直素人が見てもさっぱりわかんないんだけど、調べたところ、ClassⅡは悪性ではないらしいってことだけ分かった。

陰性 ClassⅠ:異型細胞をみない

陰性 ClassⅡ:異型細胞はあるが、悪性細胞はない

偽陽性 ClassⅢ:悪性を疑わせる細胞はあるが確診できない

Ⅲa…おそらく良性の異型性か

Ⅲb…悪性が疑わしい

陽性 ClassⅣ:悪性、極めて濃厚な異型細胞

陽性 ClassⅤ:悪性と診断可能な異型細胞

乳腺の知識

乳腺の知識

 

とりあえず経過観察で3か月後の7~8月頃に再度超音波検査をすることに。

 

大学病院への紹介状を書いてもらうことに

その後もずーっと左の乳房にしこりがあって、気になるけど気にしないようにしてた。

この期間に小林麻央さんが34歳という若さで乳がんで亡くなった。

それ以来なんとなくしこりが痛いような痛くないような違和感を覚えることがあって、怖くなってちょっと早めに2017年7月26日に乳腺科へ。

 

超音波検査

超音波検査の結果、大きさは変わっていない、とのこと。でも、このしこりの正体はわからないまま。 

 

私の通ってるクリニックではこれ以上の詳細な検査はできないらしく、確定診断をするには大学病院とかの大きな病院へ行く必要があるらしく、「気になるだろうから、紹介状書きますね」と言ってくれた。

 

大学病院への紹介状

どこの病院が良いとかありますか?って聞かれたけど、特にわからなかったから、通える範囲で先生にお任せした。

 

マンモグラフィーや細胞診の結果など、今までのデータをすべて渡すから紹介状を書くのに少し時間がかかる、とのことで、その日はとりあえず帰宅。

そこまで急ぐ必要も無いと思ったし、別件で同じクリニックの婦人科に通ってるので、その日についでに取りに行くことに。

 

というわけで、8月18日に大学病院への紹介状をもらってきた。早いとこ時間作って受診せねば…

 

追記:大学病院行ってきました。

tamorieeeen.hatenablog.jp